相続の際に土地があり過ぎて手続きが大変だった

近年では割と少なくなっていますが、非常にたくさんの土地を持っている方が亡くなり相続人となった場合には、その後相続人が相続協議を行っていく中で手続きが大変だという思いをすることがあります。
土地を相続する際には相続登記を行わなくてはなりませんので、司法書士をはじめとして、わからないことは弁護士などに細かく確認しながら進めていくようにしましょう。

このような手続きに慣れているという人はほとんどいませんから、わからないことだらけで疲れてしまうことになります。
また相続登記を行う際には必要な書類もたくさんありますから、このような書類を揃えるため仕事を休んで書類を揃えなければなりません。
そういった部分でもあらかじめ詳しい知識を持っておくことによって時間を短縮しながら手続きを行うことができるでしょう。

どれだけの土地を持っていたのかをしっかり把握してから協議を始める

まずは年が相続する際に、被相続人がどれだけ多くの土地を持っていたのかについて、全てを把握した上で協議を行っていく必要があります。
明確になったとき、すべての相続人がそれぞれに引き受けるのか、それとも相続人の誰かが代表で相続するのかという部分でもその後の相続登記の手続きが変わってくるでしょう。

例えば複数の土地を持っていて、それぞれの土地が同じような広さであれば相続人が比較的平等に引き継いだ上で相続登記を行うことができるのですが、それぞれの土地で広さが違っているケースでは分割も面倒になってしまうことがほとんどです。

代表者が相続登記そして、売却後に分割する方法が良い

このように非常にたくさんの土地を持っている被相続人が亡くなった後は前述のとおり相続登記などがとても大変になってしまいますから、相続協議を行っていく中で代表者を一人決めた後、この代表者が全ての土地を一度相続するといった形で相続登記をまとめて行い、さらに土地をを売却し、そこで現金になってから全ての相続人で分割するというのが一番手っ取り早いといえるでしょう。

もちろんその中で土地を相続した後、その土地に家を建てるなどという相続人がいれば、この土地だけを残して他の相続人で売却した土地についての分割協議を行うと良いです。
とはいえ、分割協議には全ての相続人が参加していなければなりませんから、一つの土地に家を建てると言う相続人がいても、この相続人も協議には参加してくれるように協力を求めましょう。
またこのような場合には1部の土地は現金化されませんから、最終的に分割する金額もわかりにくくなりますが、その際には分割協議を行っていく中で家を建てると言っている土地について価格調査を行った上で帳尻合わせをすると良いです。

多くの土地があればあるほど相続登記などをする際にも手間と費用、そして時間がかかりますが、司法書士の先生をはじめとして専門家にお願いすることでスピーディになおかつわからないことなども簡単に解決しながら進めていくことができるでしょう。
無理にわからないことは自分たちだけで解決しようと思うと、どうしても必要以上に大変な思いをしてしまいますから早い段階で専門家にあ相談し積極的にわからないことは助けてもらった方が良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です