ゴルフの会員権を相続することはできる?

近年ではビジネスだけではなく趣味としてゴルフを楽しむ人も増えています。
その中である程度経済的に余裕のある人の場合には、ゴルフの会員権などを所持しているのですが、ゴルフの会員権を所持している人が亡くなってしまい、人を相続人となった場合にはこの会員権の行方はどうなるのでしょうか?
ゴルフの会員権というのは、それぞれのゴルフ場によって決まりがありますが、会員権を所得する段階で所持しているご本人が亡くなった場合には、この会員権を贈与したり譲渡したりすることが禁止されているケースがほとんどです。

またこのように禁止されている場合には相続することができませんので、相続協議の対象とはならず単純にこのゴルフの会員権そのものの意味がなくなってしまうという結果になります。
一方で相続できるとされているケースでも会員権を相続するということは、その後の会費なども支払を続けていく必要があり、このような部分まで相続人は引き受けるといった形になります。

ゴルフ場での立場そのものは変動することがある

ゴルフの会員権というのは、どれだけそのゴルフ場使用しているかなどについても反映されるケースがありますが、このように被相続人がそのゴルフ場でどれだけの立場だったのかという部分は相続人には引き継がれないケースがほとんどです。
そのため、ゴルフの会員権そのものは相続していても、ゴルフ場での扱いというのは被相続人と全く同じとは限らず、初めて会員になった場合と同じように費用の支払いなどを行う必要があるといったケースもあります。

会員権などの買い取り業者には注意する

上記したようにゴルフ会員権には様々な使い方がありますが、近年、インターネットではこのゴルフの会員権を買い取ってくれるような業者が増えてきました。
ゴルフの会員権を相続した後、買い取ってもらうことによって現金化することができますから、こうした部分ではメリットに感じる人もたくさんいるようです。

実際にはゴルフ会員権の譲渡等は認めていないゴルフ場がほとんどですから、単純に現金化してしまうと、その後ゴルフ場の規約違反を行ったとして問題になってしまうケースがあります。

一番良いのは変化すること

ゴルフ場によって様々な違いはあるものの、被相続人としてゴルフ会員権の支持者だった人が亡くなった場合には、ゴルフ場側に対してゴルフの会員権を返還することも可能になっています。
この場合には、ゴルフの会員権として支払った費用についてその後の経過期間に残りがあれば、契約期間会員費で割った金額が返還されるようなこともあります。
もちろん前述の通りゴルフ場によって様々な扱いがあるので必ずしも返還されると限ったものではありませんが、前述の通り、インターネットで現金化するよりは安心で、このように目先のお金を見て会員権を売って現金化させ、後々トラブルになるよりは良い方法といえるでしょう。
またこのようにゴルフの会員権を返還するといったケースでは、返還された際にどれだけ費用が戻ってくるかを計算した上で、相続人しっかりとした協議を行わなくてはなりません。

ここで協議を行い、平等に相続人が分割することで、その後のトラブルなども防ぎ円満な解決となるでしょう。
複数のゴルフ場で会員権を所持しているといったケースでは相続人1人ひとりがそれぞれのゴルフ会員権について返還請求を行うなどといった方法もあります。
まずはそれぞれのゴルフ場で会員権の扱いについてを確認した上でベストな方法を考えていかなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です